飾皿 鉄線蒔絵 950,400円(税込)→ 特別価格 380,160円(税込)

寸法:直径36.5cm(尺2)厚み3.7cm 桐箱入り

輪島塗飾皿 鉄線蒔絵

輪島塗飾皿 鉄線蒔絵

鉄線(てっせん)蒔絵

鉄線は、鉄のように強いつるをもつ植物という意味の名前です。

その優美な姿が、古来より大変好まれ、桃山時代頃から小袖や能装束に描かれてきました。

唐草文様になっているものも多く、連綿と続くイメージから

吉事が終わり無く続く・子孫繁栄などを表す吉祥文様です。

色研ぎ出し蒔絵

まず、模様を漆で描いて粗い金粉を蒔き、金粉の固着の為に(通常は半透明の漆を塗りますが代わりに)色漆を塗ります。

硬化した後、先に蒔いた金を研ぎ出します。
金の上部を半分ほど研ぎ出すと、色漆の間から金が見えるようになります。

研ぎ出し蒔絵は、見る角度によって、色漆が多く見えたり、金が多く見えたりして、大変表情が豊かな蒔絵です。高度な技術が生み出す、贅沢な楽しみですね。

漆芸でありながら、まるで絵画のような蒔絵の色遣いは、琳派風。

漆でこの色合いを表現するのは、大変難しく、高度な技術が必要です。

この構図や色遣いは、独特で、なかなか真似の出来るものではありません。

色研ぎ出し技法によって描かれた鉄線は、光を受けると金色に輝き、通常は色が鮮やかに見えます。

見る角度によって表情が異なる、素晴らしい蒔絵技法を駆使しています。

ああ

輪島塗飾皿は、暮らしに彩りを添える、貴方のための風景です。

落ち着いた漆の色合いや底艶は、素朴で温かい雰囲気を醸し出します。

輪島塗飾皿は、簡単に出し入れができ、季節や行事・気分に合わせて着替えることができる窓でもあります。

輪島塗飾皿 鉄線蒔絵

輪島塗飾皿 鉄線蒔絵

鉄線蒔絵飾皿は、尺2寸 (36.5cm)です。

輪島塗が一番苦手なのは、紫外線です。

紫外線に長くあたり続けると、漆は変質し、劣化します。
輪島塗は天然漆を使用していますので、いたしかたがありません。

直射日光のあたる場所には長くおかないでくださいね。

長い間仕舞われる場合は、乾燥が苦手ですので、
部屋の乾燥しにくい、低い場所に、保管してください。

しかし、どんなに気をつけていても、
長い年月ご愛用いただくうち、使い傷はどうしてもついてしまいます。

使いなじんできただけに、修理して使い続けたいものです。

そんな時は、お気軽に修理のご相談を。

傷に応じて、御見積のうえ修理致します。

本堅地の輪島塗は、丈夫な下地に塗り重ねた輪島塗だからこそ、
痛みの度合いに応じて、工程をさかのぼって修理ができます。

輪島塗は、約600年の歴史を持つ、JAPANとも呼ばれる漆器の最高峰です

その工程は、23工程・124以上の手数を経て作り出され、
堅牢さと優美さを兼ね備えた日本の誇る伝統工芸です。

600年の歴史は、脈々と今日に受け継がれ、数多くの職人達の腕に宿っています。

輪島塗飾皿 鉄線蒔絵

輪島塗飾皿 鉄線蒔絵

飾皿 鉄線蒔絵 950,400円(税込)→ 特別価格 380,160円(税込)

寸法:直径36.5cm(尺2)厚み3.7cm 桐箱入り

◎箱を誂えて発送します。お届けまで約2週間です。宜しくお願い申し上げます。

ショッピングサイトはこちら

60%引きセール商品一覧へ戻る