盆 水仙蒔絵 432,000円(税込)→ 特別価格 172,800円(税込)

寸法:幅38.8cm 奥行27cm 厚み3cm 桐箱入り

輪島塗 盆 水仙蒔絵

輪島塗 盆 水仙蒔絵

この立派な盆は、祝盆と呼ばれる種類の盆で、御目出度い行事などに、ご祝儀や目録などを入れて使用する盆です。

美しい色研ぎ出し蒔絵を施した祝盆は、実用にも、飾りにも、毎日の生活にもお使い頂きたい盆です。

水仙(すいせん)は吉祥花

1月から2月にかけて花が咲く水仙。新年の頃に満開になるため、新春の瑞兆花(ずいちょうか)とされています。

瑞兆とはおめでたい兆し(きざし)のこと。

また、水仙の仙は、天仙の仙ともいわれ、長寿の象徴の吉祥花とされます。

贅沢に金をふんだんに使った、色研ぎ出し蒔絵で、推薦を表情豊かに描いた蒔絵。

色研ぎ出し蒔絵

まず、模様を漆で描いて粗い金粉を蒔き、金粉の固着の為に(通常は半透明の漆を塗りますが代わりに)色漆を塗ります。

硬化した後、先に蒔いた金を研ぎ出します。
金の上部を半分ほど研ぎ出すと、色漆の間から金が見えるようになります。

研ぎ出し蒔絵は、見る角度によって、色漆が多く見えたり、金が多く見えたりして、大変表情が豊かな蒔絵です。高度な技術が生み出す、贅沢な楽しみですね。

輪島塗の取扱いは簡単です。

輪島塗を洗う時は、普段お使いの台所用洗剤を使用し、柔らかいスポンジで洗ってください。

つけ置きも大丈夫。

つけ置きの時は、陶磁器やガラス製品に当たると傷がつくことがありますので、別に入れてつけ置きしてください。

水洗いでも、お湯で洗っても大丈夫です。(お湯と言っても熱湯は禁物です。)

洗い終わったら、柔らかい布で拭いて下さい。

縁も暑く、胴張の形は大変上品で格調高い盆。

胴張型とは

胴張型とは、縁が外へ向けてふっくらと張り出している形です。
まっすぐな形に比べて雰囲気が柔らかく、上品な印象です。

祝盆の縁の曲面は、ぶ厚い縁材をカンナで削り出して作られています。

まっすぐな形よりも縁材が沢山必要で、手間のかかる、贅沢なつくりです。

輪島塗は傷がつくから使えない

「輪島塗は、傷がつくのが怖くて使えない!」こんな心配の声を良く聞きます。

長く使い続ける間には、確かに傷がついてしまうことはあります。

これは、輪島塗だからではなく、他の漆器でも同じでしょう。

輪島塗は、製造に時間と手間がかかるためにどうしても高価ですから、使う時にはこわれないか、ダメにならないか、などと、心配になられるのだと思います。

もっともです。

大丈夫なんです、存分にお使いください。

堅牢な輪島塗でも、傷はつきます。新品のまま、末永く使い続けられるわけではありません。

輪島塗は修理やメンテナンスをしながら末永くご愛用頂く漆器なのです。

もしもの時には、どうぞ輪島へ修理をご依頼ください。

輪島塗 盆 水仙蒔絵

輪島塗 盆 水仙蒔絵

盆 水仙蒔絵 432,000円(税込)→ 特別価格 172,800円(税込)

寸法:幅38.8cm 奥行27cm 厚み3cm 桐箱入り

◎箱を誂えて発送します。お届けまで約2週間です。宜しくお願い申し上げます。

ショッピングサイトはこちら

60%引きセール商品一覧へ戻る